女性

数多く存在するノンバンクの種類【安全な不動産担保ローン】

ノンバンクについて正しく理解して融資を受けよう

家

不動産担保ローンのように、担保を用意して融資を受ける場合、高額な費用を借りることになります。当然融資を受ける前は、誰でも相手の金融機関がどのような会社か調べるでしょう。そういった場合に気になるのが「ノンバンク系」に属する金融機関です。

そもそもノンバンクとは

ノンバンク系の金融機関とは、ざっくりといえば銀行・信用金庫以外の金融機関のことです。銀行や信用金庫とノンバンク系の金融機関の大きな違いは、預金や為替をすることができるかどうかです。ノンバンク系の金融機関は預金ができず、主にお金を融資することしかできません。大手銀行の名前が入った金融機関はよく見かけますが、系列が同じというだけで銀行ではないノンバンク系の会社の可能性もあるため、融資を受ける際には注意しましょう。

ノンバンクの種類

  • 消費者金融会社・・・融資額は低く設定されているものの、担保を必要としないことや、審査の基準が比較的低いことが利点です。
  • クレジットカード会社・・・クレジットカードを使って融資を受けられます。消費者金融会社同様に、審査基準がゆるく無担保で利用できます。
  • 信販会社・・・クレジットカード会社と混同される傾向がありますが、商品やサービスの代金を先に立て替え、利子を含めた分割払いの費用を支払うなど独自の返済方法を採用しています。
  • 事業者金融機関・・・企業や個人事業主向けに融資を行なう金融機関です。総量規制の対象外となるため、高額な融資を無担保で受けられます。
  • リース会社・・・各種機器や設備などを借りることができるサービスです。初期費用を安く抑えられるので、新しくオフィスや店舗を開設する場合に費用を削減できます。
  • 不動産金融専門会社・・・住宅関連の融資を主に利用できます。長期固定金利の住宅ローンが人気です。

よくある質問

ノンバンクの不動産担保ローンを利用するのは危険って聞いたんだけど・・・
ノンバンク系のローンが危険といわれてきた理由は2つあります。銀行からのローンの融資が受けづらくなることと、金利が高額であるということです。かつてノンバンク系の金融機関の多くは、「グレーゾーン金利」と呼ばれる金利を設定していました。利息制限法と出資法の解釈の違いを逆手に取ったこの金利は、利息制限法が定める金利額を超過した高額な金利です。しかし2006年にこのグレーゾーン金利は最高裁の判決によって廃止されたため、法外な利息が請求されることはなくなったのです。最近では低金利で融資をするノンバンク系の金融機関も増えたため、利息に関しては安心することができるでしょう。また、ノンバンク系の金融機関を利用する場合、銀行のローンが受けづらくなるという問題が発生します。多くの銀行は、ノンバンク系の金融機関を利用したことがある人を低く評価します。銀行での審査が通らなかったため、ノンバンクを利用したと判断するため、一度ノンバンク系の金融機関を利用すると銀行での融資が受けづらくなるのです。しかし、こうした問題もやり方によっては回避できます。銀行の子会社が経営している銀行系ノンバンクであれば、融資を受けやすくなるのです。
返済できないと、ヤクザが取り立てに来るって本当ですか?
銀行以外の金融機関にお金を借りた場合、多くの人は返済が滞ると暴力団じみた人から執拗な嫌がらせや脅迫を受け続けると心配するものです。しかし、こうした悪質な取り立てはいわゆる「闇金」と呼ばれる貸金業の登録がされていない会社がほとんどです。しっかりと登録がされている金融機関であれば、違法な取り立てはまず行われないのです。しっかりと貸金業の登録がされている金融機関の場合、支払いが遅れると自宅へ督促状を送付します。同時に電話で返済についての確認を行なうなど、無理な取り立てはせずに事務的な手続きを粛々と行ないます。しかしながら、こうした督促を行なった後も連絡を一度も行なわなかった場合、金融機関は裁判所への訴えに踏み切る恐れがあります。そのため、返済に関する督促が来た場合、無視せずにしっかりと連絡を行ないましょう。
ブラックリストに入っているのですが、ノンバンクの不動産担保ローンは利用できますか?
ブラックリストに入っている場合、ノンバンクの不動産担保ローンだけでなく、さまざまな金融機関で融資が受けづらくなります。基本的にお金の融資は貸す側と借りる側との信用によって成り立つものです。ブラックリストに入っているということは、金融機関側からの信用を失っているといえるため、融資を受けることは非常に難しいでしょう。しかし、こうしたブラックリスト入りになった人でも、チャンスが全くないというわけではありません。国民生活金融公庫の事業融資などであれば、原則的にブラックリストに入っている人でも融資を受けることは可能です。どうしても融資が必要な場合、銀行やノンバンク系の金融機関以外の機関を探してみるとよいでしょう。

同じ不動産担保ローンでも銀行系とノンバンク系では大きく違う!

不動産担保ローンでの融資は、銀行・ノンバンク系どちらの金融機関でも受けることができます。しかし、金融機関が異なれば条件や待遇も変わってくるため、どちらの金融機関を利用するべきか冷静に判断しましょう。

銀行系とノンバンク系の不動産担保ローンの違い

ノンバンク系のほうが金利は高いです。(50代/男性/金融会社)

ノンバンク系の金融機関は、銀行に比べて金利を高く設定しています。というのも、ノンバンク系の金融機関は融資のための資金を銀行から借りているからです。銀行と同じかそれ以下の金利にしてしまうと、金融機関の利益が大きく減退してしまうので、銀行よりも高くせざるを得ないのです。

銀行系は審査が厳しいので借りるのが難しいですよ。(50代/女性/金融会社)

銀行はノンバンク系の金融機関よりも利子が安いですが、反面融資を受けるための審査が非常に厳しいです。一般的に金利の高さは貸す側、借りる側双方の信用に反比例します。つまり返済能力が高く信用できる人であれば融資する側は低金利でもお金を出せますが、逆に収入が低く返済能力も低いと判断されれば、お金を貸しても返済できない可能性があるため、貸す側はリスク回避のため金利を高く設定するのです。特に法人向けの不動産担保ローンなどは、融資額も大きいため銀行も簡単に審査を通過させてくれることはありません。銀行の審査で落とされてしまった場合は、ノンバンク系の金融機関で融資を受けるとよいでしょう。

ノンバンク系は融資が早いのでオススメ!(20代/男性/金融会社)

銀行は審査が非常に厳しいため、初めて融資を受ける場合はすぐにお金を融通してくれることはないでしょう。融資を受ける人の中には、どうしてもすぐにまとまった金額が必要だという人も多いものです。特に事業主の場合であれば、数日の融資の遅れが莫大な損失を生む可能性もあるため、融資までのスピードは無視できない要素です。ノンバンク系の不動産担保ローンは、銀行よりも審査基準はゆるいので、比較的早く融資が受けられます。

ノンバンク系の不動産担保ローンは、金利が高いというデメリットがありますが、反面融資のスピードが早く審査も通りやすいというメリットもあります。融資の条件などを確認しながら、よりよい金融機関を利用しましょう。

不動産担保ローンの融資条件

ノンバンク系の不動産担保ローン
ノンバンク系の不動産担保ローンは、融資を受ける条件として年齢が加味されます。20歳から60歳の給与所得者か、20歳から64歳の自営業者しか融資を受けることはできないのです。他にも条件として、他の金融機関での借り入れや返済の状況、担保となる不動産の価値、税金の未納や滞納、本人の収入や勤続年数、職種や雇用形態などもしっかりと審査されます。このような審査に合格することで、融資を受けることができるでしょう。
銀行系の不動産担保ローン
銀行の不動産担保ローンの場合、年齢などの条件はノンバンク系金融機関よりも広く設定されています。20歳から66歳未満の人で、最終返済時が76歳未満である人ならば審査を通過することができるのです。これだけを聞けば、銀行の不動産担保ローンのほうが融資を受けやすいのでは、と考えてしまいます。しかし、銀行の融資条件は年齢だけでなく、さまざまな条件をクリアする必要があります。年収や担保不動産の価値といったノンバンク系の金融機関と同じ条件を審査するほか、団体信用生命保険に加盟ができることや、保証会社の保証が受けられることも条件として加味されるので、審査をパスするのは非常に難しいのです。
TOPボタン