女性

不動産担保ローンの審査も楽に通るノンバンク~迅速に融資ができる~

初めてなら知っておきたいノンバンク系の不動産担保ローンの利用方法

実際にノンバンク系の不動産担保ローンを利用する場合、どのような方法で融資を受けられるのでしょうか。必要となる書類や申し込みの手順などを見ていきましょう。

ノンバンク系の不動産担保ローンに申し込む

必要書類の確認

  • 担保不動産を確認できる書類・・・住宅地図や公図、不動産登記簿謄本、地積測量図、建物図面、建築確認通知書、固定資産税評価証明書が必要です。
  • 本人を確認できる書類・・・運転免許証、健康保険証、パスポートが必要です
  • 税金の未納がない確認できる書類・・・納税証明書、固定資産税納付書といった書類が必要です。
  • 担保不動産のローンの残高を確認できる書類・・・残高証明書や返済予定表などの書類が必要です。
  • 借りる側が法人の場合に必要な書類・・・商業登記簿謄本、事業計画書、決算報告書などの書類が必要となります。

申し込みの手順

仮申込

融資を申し込みたい金融機関を決め、電話またはホームページなどから仮申込を行ないます。早ければ当日中から数日で仮申込の結果がわかります。本申込を行なうまでの間、担保となる不動産の所在地や面積などの物件情報、融資希望額や資金の用途といった借り入れの内容をまとめておきましょう。

本申込

本申込では、実際に金融機関の経営店舗へ足を運び、申込書へ記入を行ないます。会社によっては、郵送で申込書の申請ができるところや、経営店舗の社員が訪問してくれる場合もあります。金融機関は、申込書の確認を行なった後、信用情報機関に信用照会を行ないます。

審査

金融機関内で、申込をした人の審査を行ないます。早ければ翌日から1週間前後で審査の結果がわかるでしょう。融資を行なうことが決定した場合、日時を相談し、融資を実行するための打ち合わせを行ないます。

契約

経営店舗か申込者の指定した場所で契約を行ないます。事前の説明や契約時の説明、さらには書類の写しを交付するなど、契約時にはある程度の時間が掛かります。連帯保証人や不動産所有者が複数いる場合、さらに長い時間が必要となります。

融資

契約が終わった後、金融機関が指定の口座へ融資額を振り込んでくれます。ただし、振り込まれる金額は、納税費用や抵当権の抹消登記費用といった金額を抜いた額になるので、希望した融資額が満額振り込まれることはありません。

融資を受けるにはさまざまな書類を用意し、しっかりとした手順を踏まなければなりません。書類の不備や申し込み書に不備があると、審査を通過できない場合があるため、提出前にきちんと確認しておきましょう。

ノンバンク系の不動産担保ローンの活用事例を見て参考にしよう

下記は、実際にノンバンク系の不動産担保ローンを利用した人の声です。過去の事例を参考に、賢くローンの利用を行ないましょう。

ノンバンク系の金利会社の不動産担保ローン活用事例

スピードを重視してノンバンクに決めました(30代/男性/会社員)

銀行の方が金利は低いので、最初は銀行に融資を申し込もうと考えていました。しかし、銀行側の人と相談すると、必要書類の用意や審査でかなり時間が掛かることが判明したんです。私は不動産投資を行なっているのですが、その時は管理している物件に致命的な欠陥が見つかり、すぐにリフォームをしなければならない状況でした。融資までに時間が掛かると、現在物件に住んでいる入居者が退去してしまう恐れもあったので、すぐにリフォームのためのまとまったお金が必要だったのです。そこで銀行への申し込みを諦め、ノンバンク系の不動産担保ローンへ申込を行ないました。申し込んだ会社は審査もスピーディーだったので、すぐにリフォームを行なって事なきを得ましたね。

初めての独立開業も成功しました。(40代/男性/自営業)

サラリーマンを辞め、かねてからの夢である喫茶店を開店しようとした時のことです。お店を開店するわけですから、貯金と退職金だけではお金が足らず、銀行に不動産担保ローンを申し込んだのです。しかし、審査の結果は不合格でした。「お店の実績がわからないからお金を貸すことができない」とのこと。不動産を担保にしたとしても、個人が銀行の融資を受けるには、初めから潤沢な資金力や役職などの肩書きがなければ難しいようです。ワラにもすがる思いでノンバンク系の金融機関に申し込んだところ、銀行とは違いすんなりと融資を受けられました。担保の物件の価値と、あらかじめ提出した事業計画書の内容がよかったため審査を通過できたようです。融資を受けたことでお店の開業も問題なくできました。今では経営も軌道に乗っています。

勤続年数が短い私でも融資を受けられました。(30代/女性/介護士)

私は資産価値の高い不動産物件を所有していたので、不動産担保ローンは簡単に受けられると思っていました。しかし、銀行側の審査ではなぜか通過をすることができなかったのです。詳しく調べたところ、どうも施設での勤続年数が短かったことが原因らしいのです。私は介護の仕事を行なっているのですが、多くの介護施設は待遇に問題があるため、多くの介護士が長く務められず、職場を転々としてしまうのです。どうするべきかと困り果てていた時、知り合いからノンバンク系の金融機関を紹介してもらいました。勤続年数の短さを懸念していたのですが、問題なく審査をパスすることができたのです。

コイン

銀行の審査は非常に厳しいため、担保となる土地に高い価値があったとしても、審査に弾かれてしまうことがあります。どうしても銀行の審査を通過できない場合、ノンバンク系の金融機関に申し込むとよいでしょう。

TOPボタン